オンラインセミナー等で使うペンタブレットのこと

こんにちは。株式会社パールの安田です。今日は最近増えてきましたオンラインセミナーに関連して愛用しているペンタブレットのことをご紹介したいと思います。

オンラインセミナーの形式は大きく2つに分けられると思います。1つは講演者が通常のセミナーと同じようにホワイトボードを使ったり資料をスクリーンに照射して説明したりするパターン。その際にはビデオカメラに写る画像をパソコンに取り込んで配信することになります。そのときの機材は以前このブログでも紹介しました。(「オンライン研修用に、家庭用ビデオカメラをWEBカメラ化してみました!」)

そしてもう1つは講演者はパソコンの前に座り、パソコンに備わったWEBカメラや画面共有の映像を配信するパターンです。この画面共有を使った方式でのオンラインセミナーで安田が愛用しているのがペンタブレットというわけです。

こちらがペンタブレットで字を書きながら説明している様子。使っている資料はパワーポイントです。みなさん、パワーポイントのマーカー機能で線を引いてみたり字を書いてみたりしたことがあると思います。通常はマウスを使われるのではないでしょうか。マウスだとうまく字がかけないし、細かな線が引けません。そこで登場するのがペンタブレットです。

サイズは6×4インチ。それより小さなサイズもあるのですが、字を書くときに細かすぎるのでこのサイズにしました。メーカーは「XP-PEN」。ペンタブはワコムが有名なメーカーですが購入したとき人気だったのか品薄でした。しかもXP-PENの方が安い。安田のノートパソコン(Let’sNOTE CF-SV)と並べるとこんな感じの大きさです。

使用感ですが、USBケーブルで接続するだけでドライバーのインストール等まったく必要ありません。もちろん、最初は慣れないので字を書く練習をしました。そしてしゃべりながら描く練習も。すぐに慣れました。

それで、実際にしゃべっている様子を動画にとったのでご覧入れます。思い立ってとくに準備もせず撮影したので私服モードですみません。

いかがでしょうか。画面共有でプレゼン資料は受講者さんに見せることはできますが、こんな感じで字や線がアニメーションで表示できれば、臨場感も出ますし受講者さんの集中力を維持することにもつながります。

価格的にもそう高価なものではありませんので、是非チャレンジしてみてください!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です