オンライン会議用集音マイク&スピーカーを買ってみました

こんにちは。株式会社パールの安田です。少しずつオンライン会議・研修の環境構築のためにハードを買い足しているのですが、今回は「ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム YVC-330 」です。

会議室どうしをZoomでつないで話す場合などで、集音マイクとスピーカの活用場面が増えてきています。ネットショップで検索しても数千円で購入できるものまで出てきました。それでも・・・「音を拾わない」「スピーカーの音量が小さい」「音質が悪い」「周辺のノイズを拾いすぎる」など様々な問題がありました。

特に多テーブルでの交流会などの環境では「周辺のノイズを拾いすぎる」という問題は結構深刻で、となりのテーブルでのディスカッションの声が邪魔になって話に集中できないという問題もありました。

この製品は『SoundCap』という機能があります。説明では「複数のマイクが音の発生源と本体の距離を高精度で推定し、遠くからの音だけを抑制。収音範囲制限機能により周囲の雑音を抑制することで、会議参加者の声を明瞭に届けることが可能です。」とあります。早速試してみました。

まずはSoundCap機能をオフに。これは少し離れている話者の声も拾いたいときに有効です。2メートルほど離れて普通の声量の声で話してもインターネットを介した相手に十分に鮮明に聞こえました。(性能の悪いマイクだと、遠く離れると声が不鮮明になってしまう)

そして次はSoundCap機能をオンに。同じく2メートルほど離れて話してみました。するとインターネットの向こう側がの相手は「ほとんど聞こえない。全然気にならない」ということでした。もちろん近づけば鮮明に聞こえます。だから別テーブルでの他人のディスカッションの声が邪魔にならないということになります。

他にもUSBからの給電で動き、それでもスピーカーからの声は大きくて十分という点、さらに付属のUSBケーブルは3mなので、PC本体とマイクスピーカーシステムを離した状態でも使えるという点も気に入っています。

スマホともBluetoothで接続できるので、さらに利用局面は増えそうです。

難点はやはり価格。6万弱という値段ですが、製品が届いて使ってみた感想では「安い製品を買って不満が残り買い替えるぐらいなら、最初からこれを買っておいたほうがいい!」ということでした。とっても満足しています。

オンライン会議・研修環境の構築についてはこちらのブログ記事もご参照ください。「オンライン研修用に、家庭用ビデオカメラをWEBカメラ化してみました!」
家庭用ビデオカメラをWEBカメラ化する話を掲載しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です