中小企業基盤整備機構の近畿本部にて「決算書の読み方講座」の3日間研修の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。12月上旬、大阪市中央区の本町にあります中小企業基盤整備機構近畿本部にて決算書の読み方講座の講師を務めてまいりました。主催は中小企業大学校関西校で、近畿本部のセミナールームを「御堂筋キャンパス」として毎年この時期に開催されている研修です。

研修は3日間にわたりました。内容は以下の通りです。

(1) 研修の狙い

経営活動の成果を表した決算書を的確に読み解くことは、財務面から企業経営・業務を行っていく上で、非常に重要です。
本研修では、決算書の仕組みや用語の意味、数字の流れなどを理解した上で、決算書から経営体質や今後の課題などを読み取るポイントについて、モデル決算書を交えて具体的に学びます。

(2) 構成

a 決算書を読む前に
身近で比較が容易な企業の決算書を題材に、クイズやディスカッションを交え、イラストを使いながら細かい数字にとらわれず視覚的に理解を深め、決算書から企業活動を読み取れる面白さを味わいます。
1) 決算書とは
2) 決算書から読み取れる企業の戦略や背景の違い
3) 財務会計分野の全体像と各分野の概要
b 決算書と財務の基礎
決算書を読む上で必ず理解しておきたい事項について学びます。
1) 決算書の必要性
2) 決算書ができるまでの流れと用語の意味
3) 利益と資金繰りの違い
4) 中小企業と大企業の決算書の違い
c 決算書を読む
具体的なモデル決算書を題材に、企業活動の背景を理解しながら、決算書を読み取ります。
1) 損益計算書を読む
2) 貸借対照表を読む
3) キャッシュフロー計算書を読む
d 決算書から読む企業活動のヒント
具体的なモデル決算書を題材に、実際の企業活動との連動をイメージしながら、業種や戦略による財務体質の違いや今後の課題、事業展開に関する意思決定の手がかりについて、ディスカッションを交えながら学びます。
1) 企業体質と採算の考え方
2) 収益力の検証と改善のヒント
3) 資金繰りの検証と改善のヒント

新型コロナウイルスの第3波真っただ中、対策を万全に行っての研修開催となりました。受講者の方々もアクリル板、マスク、そして手指消毒を心掛け、グループワークも行いました。安田自身、開催を心配しておりましたが、スタッフさんの多大な心遣い、気配りもあって無事完了することができました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です