建設業協会さんにて「BCPを活用した事業・人材・ICT戦略の在り方」というテーマで講演してまいりました!

こんにちは。(株)パールの安田です。9月も中旬、かなり過ごしやすくなってきました。

今日は9月3日に富山県建設業協会さまからのご依頼で「BCPを活用した事業・人材・ICT戦略の在り方」というテーマで講演してきました様子をお伝えいたします。

建設業におけるBCP(事業継続計画)は自社の事業継続だけでなく、居住空間・インフラの安全性確保や得意先企業等の事業継続性確保など重要な役割を担います。

そのためBCPは将来ビジョンを考える際に欠かせない要素であり、BCP策定に取り組む際には事業戦略だけでなく人材育成・ICT分野なども視野に入れながら進めていく必要があります。

セミナーではBCPの概要、計画の策定方法だけでなくビジョン、人材育成、ICTの高度化などの視野からもその重要性を解説させていただきました。内容は以下の通りです。

  1. BCPとは
  2. ビジョンや経営戦略との関係
  3. 人材育成との関係
  4. ICTの活用
  5. BCPの策定手順と方法

BCPを策定する際には「想定する災害を定める」という工程があります。台風、大雨による浸水、地震、津波など。そして新型コロナウイルス。建設業におけるBCPは災害とコロナウイルスで大きく扱いがわかれます。

災害はお客様の被災も含めて考える必要があります。自社のBCPをお客様にも周知することも重要。

新型コロナウイルスの方は社員やその家族の感染。人材が欠けることによる施工体制等の確立の問題が中心となり、大きくは景気低迷による収益の低下も想定する必要があります。

「起こるかどうかもわからない災害への対応なんて・・・」

BCP策定に向けてなかなかモチベーションがあがらない企業も多いようですが、顧客を守るため、そして自社を守るため、災害が起こる前からBCPを通して関係を強化することができるのです。

以上のようなことを語ってまいりました。感染リスク低減のため車で移動。富山は遠かったですが、多くの人にBCPの重要性を伝えることができて充実した1日でした。

摂津市商工会さんにて「補助金申請攻略セミナー」の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。

本日は7月27日に摂津市商工会さんにて行われまし補助金申請攻略セミナーの様子をお伝えいたします。

こちらのセミナー、小規模事業者持続化補助金の一般型とコロナ特別対応型の両方、そしてものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(いわゆるものづくり補助金)の計3つについて公募要領の解説をするとともに採択されるためのノウハウをお伝えするものです。

  1. 補助金、助成金についての基礎知識
  2. 採択されるための様々なノウハウとポイント
  3. 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】
  4. 小規模事業者持続化補助金【一般型】
  5. ものづくり補助金について
  6. 採択後の手続きについて

特に小規模事業者持続化補助金の一般型とコロナ特別対応型は違いもわかりづらく、申請方法、計画書の記載内容、補助対象経費なども異なります。そのため両者の違いについては時間をかけて説明させて頂きました。

また、今回のセミナーは新型コロナウイルスの第2波の影響が大きくなってきた頃と重なっておりましたので3密回避の対策はもちろん、オンラインでも受講できるように主催者の摂津市商工会が配慮されていました。

オンライン会議が増えてきた中、セミナーもオンラインで行われることも。ただ、①オンラインだけで行う、②リアルだけで行う、③両方で行う の3つを比べると実は③の両方(いわゆるハイブリッド型)が一番難しいと言われています。会場に来られた方向けに話す講師をカメラに収めるためビデオカメラを操作し、パンやズームをする人が必要になってきます。商工会さんなどセミナーの主催者さんでもそうしたノウハウが蓄積されつつあるのはとても頼もしく感じるとともに、オンラインやハイブリッドでも受講者さんに喜んでいただけるように色々工夫していかないといけないと感じる1日でした。

金沢で「決算書の読み方講座」の講師を務めて参りました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は7月7日~9日に金沢市内で行われました『決算書の読み方講座』のことをご紹介いたします。

こちら主催は中小企業基盤整備機構北陸本部。これまで同講座は中小企業大学校の関西校や三条校で行われてきましたが、その講座を北陸でも展開しようと実現した次第です。

内容は次の通りです。

  1. 研修の狙い
    経営活動の成果を表した決算書を的確に読み解くことは、財務面から企業経営・業務を行っていく上で、非常に重要です。
    本研修では、決算書の仕組みや用語の意味、数字の流れなどを理解した上で、決算書から経営体質や今後の課題などを読み取るポイントについて、モデル決算書を交えて具体的に学びます。
  2.  構成
    1. 決算書と財務の基礎
      決算書を読む上で必ず理解しておきたい事項について学びます。
      1) 企業会計原則
      2) 決算書で使われる用語の意味
      3) 決算書ができるまでの流れ
      4) 簿記の仕組みと構造
      5) 損益計算書と貸借対照表を読む
    2. 事例で味わう決算書の面白さ
      各勘定科目の意味や企業活動の背景について具体的な事例を交えて学びながら、モデル決算書を読み解いていきます。
      1) 決算書から読み取れる企業の戦略や背景の違い
      2) 中小企業と大企業の決算書の違い
      3) 利益と資金繰りの違い
      4) キャッシュ・フロー計算書を読む
    3. 決算書から読む企業活動のヒント(演習)
      モデル決算書を題材に、実際の企業活動との連動をイメージしながら、業種や戦略による財務体質の違いや今後の課題、事業展開に関する意思決定の手がかりについて、ディスカッションを交えて学びます。
      1) 企業体質と採算の考え方
      2) 収益力の検証と改善のヒント
      3) 資金繰りの検証と改善のヒント

新型コロナウイルスの影響でほとんどの研修が延期になるなか、実施されたこの研修はソーシャルディスタンスを確保するため募集人数を限定しアクリル板やマスク、消毒などを徹底して行われました。3日間マスクしたままの研修講師はなかなか体力がいる仕事ですが、久しぶりに味わうリアル研修の楽しさに熱が入りました。

こちらの研修、キャンセル待ちとなったため、第2弾が9月28日~30日で実施されることになりました。詳しくは中小企業基盤整備機構北陸本部までお問い合わせください。(https://www.smrj.go.jp/regional_hq/hokuriku/org/index.html

7月1日は創立記念日。15周年で16年目に突入です!

こんにちは。株式会社パールの安田です。連続でのブログ投稿となりました。

今日7月1日は株式会社パールの前身となる「安田コンサルティング」の創立記念日です。ちなみに株式会社パールの設立日は7月29日。だから7月はどちらにとっても大切な月なのです。

15年前の2005年7月1日に税務署に開業届を出しにいきました。あのときから15年も経ちました。いまも事業を継続できているのはたくさんの方々に支えられご愛顧いただいているからです。とても感謝しています。これまで本当にありがとうございました。

16年目に突入しました。15年の節目といいましてもこれまでと変わりなく、少しずつですが前を向いてしっかり進んでく所存です。今後とも弊社をよろしくお願い申し上げます。

株式会社パール 代表取締役 安田勝也

ものづくり補助金2次公募の採択結果がでました

おはようございます。株式会社パールの安田です。

昨日、ものづくり補助金の2次公募の採択結果が出ました。リンクはこちらです。

弊社のものづくり支援公募は1次公募はこちら側の準備が整わず、2次公募からとなりました。今年度から1回の公募につき支援する企業は2社限定とさせていただきました。本当はもっと多くご支援させていただきたいところなのですが弊社は零細企業で体制が整わず支援品質を維持するための限定措置となりました。ご迷惑をおかけしました。

結果はおかげさまで2社とも採択となりました。1社は3年以内のもの補助採択実績があり減点がある企業。もう1社は2期連続営業損失を計上している企業。どちらもハンデはあるものの補助事業で取り組みたい内容はすばらしいものでしたのでなんとか採択にいたり安堵しています。

ところで今年度から窓口が全国で一本化されサポートダイヤルも新型コロナウイルスの影響か激しく混雑。不明な点がなかなか明らかにならないことがありました。そのなかで困ったのが「平均年間給与アップ1.5%」のところです。上記の営業損失の企業は今年度役員報酬を下げなければ3期連続の赤字となってしまう見込みでした。金融機関からの評価のこともあり、それはどうしても避けたい。しかし減額すれば今年度の給与支給総額アップは見込めない。

「毎年1.5%アップではなく、3年計画であれば3年後に4.5%アップになっていればいいのか?」

これがサポートダイヤルに問い合わせたかった質問です。なかなか電話につながらないので企業さんと私とで手分けして問合せしてみました。

結果は・・・企業さんが問い合わせた担当者A氏と私が問い合わせた担当者B氏で返答が異なったのです。

A氏:毎年1.5%アップが必要。

B氏:3年計画なら3年後に4.5%アップになっていればいい。

企業さんの方は心配になってもう一度問いあわせてくれました。しかしC氏の回答はA氏と同じ「毎年アップが必要」。

公募要領の文章での解釈はどちらでも取れるのですが、A氏解釈なら役員報酬の減額があるので採択は絶望的。B氏の解釈なら可能性あり。

そこで、B氏解釈にかけてみることにしました。結果は先述の通りです。企業さんと電子申請システムに毎年の給与支給総額を入力しましたが、自動計算されるアップ率は3年後の数値のみ。そこが4.5%になっていたため、とくに保存時の自動チェックでエラーにならなかったので「これでOKであってほしい・・・」と悶々としておりました。

結果オーライなのですが、やはり不満なのはサポートセンターの担当者によって回答が異なった点。「FAXやメールでいいから文書で回答がほしい」といっても聞き入れてくれません。少なくなった人員でがんばっておられるサポートセンターなのですが、回答品質の維持はなんとか落とさないでほしいのでした。

事業計画作成支援の研修講師を務めて参りました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。昨日、大阪府商工会連合会さんからのご依頼で、府内の商工会、商工会議所の指導員さん向けに「事業計画作成支援」をテーマに3時間の研修講師を務めて参りました。

こちらの講座は4月に予定されていたのが新型コロナウイルスの影響で延期になったものです。アクリルボードで仕切り、受講者の皆さんはソーシャルディスタンスを保ちマスク着用、消毒徹底のなかで実施されました。たくさんの研修が延期されているなか、私にとって、その延期先の日程で行われた最初の研修となります。7月からそうした延期研修の予定が目白押し。なんともうれしい限りです。

さて、この研修はものづくり補助金や持続化補助金を念頭におきながら、しかし申請書の作成支援のポイントだけをお伝えするのではなく、経営計画や事業計画策定の支援についての基礎知識などもしっかりお伝えして参りました。

商工会や商工会議所さんの中には、これまで頻繁に支援をしているご経験をお持ちの方もいらっしゃれば、これまであまり支援経験が無いという方もいらっしゃいました。みなさん、やはり「手探り」で支援されていることもあって、今回の研修を通して、支援の在り方を再確認して頂けたようです。

終了後はたくさんの方から名刺交換をしていただき、質問もたくさんいただきました。これから大阪府内の公的支援機関を通した企業支援の案件が増えていくといいなぁと感じる次第です。

オンラインではなく、久しぶりの対面での研修。やっぱり「リアル」がいいなぁと再確認したのでした。

オンライン研修用に、家庭用ビデオカメラをWEBカメラ化してみました!

皆さん、こんにちは。株式会社パールの安田です。緊急事態宣言が解除され、6月1日からいわば、「新型コロナをおさえつつ経済活動を復活させる」期間に入りました。

株式会社パールの事業のうち、「セミナー研修事業」は大打撃を受けたわけですが、主催者さんの方では今後も開催したとしても「オンライン」の選択肢を捨てきれないといった状況です。

オンラインでのセミナー講師を何度か経験させていただきましたが、やはりオンラインであれば、それに適した環境整備が必要と思いました。その大きな問題は2点あります。

  1. カメラの性能
    Webカメラにはノートパソコンにつけられているものや外付けのものがありますが、そのどちらも望遠機能はついていませんし解像度もいまいち。ノートパソコンの画面をキャプチャして流す方法もありますが、ライブ感が無い・・・
    ちなみに外付けWebカメラには望遠機能がついているものがありますが、光学で3倍程度のものが多いです。「せめて家庭用ハンディビデオカメラぐらいの性能がほしい・・・」と思うことが多かったです。
  2. 録画
    オンラインセミナーでは通信回線等の問題できちんと配信されないトラブルもありました。配信ソフトには録画機能が付いていますので後日配信することは可能ですが、録画をオンにするとパソコンのリソースがそちらに持っていかれてしまいパフォーマンスが低下します。またディスク容量などの問題も出てきます。また録画できる映像の品質もそう高くはありません。

この2つの問題をなんとか解決できないだろうか・・・と色々調べていていきついた結果が、「家庭用ビデオカメラをWEBカメラ化できないか?」でした。

もちろん、そんなことを思いついたのが「世界で安田一人」なんてことはあり得ません。先人たちがノウハウをブログ等にたくさん残していました。そうした情報を参照しながら実際に組んでみたんです。そしたらノートパソコン側にはドライバー等のインストールもしないで簡単にビデオカメラをWEBカメラ化することができました。

それを簡単に絵に表してみました。

まずビデオカメラ。ここに映像出力の機能がついていないと始まりません。最近のビデオカメラはHDMIの出力端子が付いています。ただし、「miniHDMI」という小型端子であることが多いです。

次にキャプチャボード。写真に写っている赤い物体です。大きさはスマホより小さいぐらい。電源アダプタ不要で使えるのがいいですね。このキャプチャボードがHDMIからの信号をUSB3.0の信号に変換してくれます。

安田が購入したキャプチャボードはこちらです。

そしてビデオカメラとこのキャプチャボードを接続するHDMIケーブル。間違えてはいけないのがビデオカメラ側のHDMI端子はminiHDMIが多いということ。今回購入したのは以下のケーブルです。

これでビデオカメラとキャプチャボードをつなげることができます。次はノートパソコンとキャプチャボードをUSB3.0でつなげていきます。使用しているノートパソコンはかなり古いものですが、USB3.0の端子がついています。かならずそれを確認してください。

キャプチャボード側はUSB-Cという小さなUSB端子です。パソコン側はUSB-Aという一般的によく見る端子。だから接続するUSBケーブルはUSB-CとUSB-Aの端子が両端に1つずつついているものということになります。今回はこちらのケーブルを購入しました。

このケーブルは3mありますので十分なのですが、弊社ではセミナーや研修で使いたいので講師席にあるノートパソコンと離れた場所から撮影することも想定して、USB3.0の延長ケーブルも購入しました。電源供給することで信号増幅もできるタイプです。今回テストしましたら電源を使わなくても映像・音声を送ることができました。購入しましたケーブルはこちらです。

これで必要な設備は以上です。今回は故障・トラブルがあったとしても大丈夫なように、 キャプチャボードのみ2つ購入しました。(他のケーブルは家電量販店でも手に入ります)

それで、最初に思っていた懸念事項はどうなるのでしょうか。

ハンディビデオカメラは安価なものでもそれなりに光学ズームもついていますし、カメラのレンズも大きく性能もすぐれています。

録画についてはPCに録画しなくても、ビデオカメラにそもそも録画機能がついていますからビデオカメラの方で録画します。

そして、一番大事な臨場感。ビデオカメラに三脚を付けて定点で撮影してもそれなりなのですが、やはり講師や板書したホワイトボードなど随時ズームするなどしたほいがいいでしょう。それを一人でやることも可能ですが、できれば講師と撮影係は別の方がいいでしょう。

今回はビデオカメラをWEBカメラにしてしまうという取り組みをご紹介しました。参考になりましたら幸いです(^.^)

摂津市商工会さんにて補助金(もの補助、持続化、IT導入)申請攻略セミナーの講師を務めて参りました

みなさん、こんにちは。株式会社パールの安田です。3月18日に摂津市商工会さんにて「補助金申請攻略セミナー」の講師を務めて参りました。

「こんな時期に開催したの?」

という、声が聞こえてきそうです。開催しました。ただし、参加者ゼロです。急遽ビデオ配信ということに変更されました。

セミナーの内容は以下の通りです。

  1. 補助金、助成金についての基礎知識
  2. 採択されるための様々なノウハウとポイント
  3. 小規模事業者持続化補助金について
  4. ものづくり補助金について
  5. IT導入補助金について
    3~5のなかで下記についても説明。
    ・加点措置への対応 ・数値計画の策定方法
  6. 採択後の手続きについて
  7. 補助金制度に有利な制度紹介(摂津市)

小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金については記載すべき項目をまとめた虎の巻付きです。画面に向かって2時間語るというのは何とも不思議な感じでしたが、なんとか無事終えることができました。

そういえば最近、特にものづくり補助金についての問い合わせが多く寄せられるようになりました。それは「チャレンジしてみたいんだけどコツとか教えてもらえませんか?」というもの。電話でいくつか質問してみますと、ほとんどの方が公募要領にあまり目を通されていない。だから相談に乗る際も2段階です。最初は公募要領を理解してもらうための簡易レジュメでの説明。2段階目が上述の虎の巻を使った書き方のポイント説明です。

「コロナで仕事減ってるから、時間がある今のうちに手を打っておきたいんです。」

この前向きさ、大好きです!

1日完結型の創業支援セミナーにて講師を務めてきました!!

株式会社パールの安田です。こんにちは。先日の2月29日(土)に商工会議所さん主催の創業支援セミナーにて講師を務めて参りました。

例年でしたら1テーブルに3名着席の状態で熱気あふれるセミナーなのですが、さすがに今年は参加者のキャンセルが相次ぎ40名のご参加となりました。広い会場に机も椅子もゆったり目に並べ、参加者にはマスク着用とアルコール消毒を依頼し、私自身もマスク着用での講演となりました。

マスクをしたまま喋ると、やっぱり息苦しいのですが・・・マスク外せないので時々大きな息継ぎをしながらの講演となりました。

セミナーの内容は以下の通りです。

  1. 創業の心構え:創業を考える、創業パターンの分類
  2. 創業のアイデア創出:好きなことを事業に変える、アイデアを磨く
  3. 創業計画書の作成:事業コンセプトや売る仕組みを考える、収支計画と資金計画
  4. 各種創業支援施策の活用:㈱日本政策金融公庫・制度融資について、創業支援制度について
  5. 開業の手続き:開業届の提出方法、許認可の申請・更新手続き
  6. インターネットでの販路開拓 :インスタグラムや LINE@など SNS の有効活用
  7. キャッシュレス決済やクラウドの活用:QR コード決済と様々なサービスについての紹介

実はこの創業支援セミナーは担当させていただくようになって今年がちょうど10回目(10年目)です。今年は例年とは違う、ある意味忘れられない回となりました。

現場マナーの向上研修

みなさん、こんにちは。株式会社パールの安田です。昨日と今日の2日間兵庫県丹波市に出張にきています。

昨日の夜は市内の建設会社様向けに「現場マナーの向上」というテーマで研修させて頂きました。

内容は以下の通りです。

1.マナーとは?
おもてなしの精神、マナーの考え方

2.個別の営業マナーについて
服装・身だしなみ、報告・連絡・相談、 コミュニケーション(傾聴力)、5S

通常のマナー研修であれば礼儀や身だしなみのことが中心となりますが、建設現場は複数の企業が集まって協力して施工する場所ですから、お互いの連携がうまくいくポイントとしてコミュニケーションや5Sについてもお話しさせて頂きました。

写真は一夜明けての今朝です。ホテル周辺を10キロほど走ってまいりました。気持ちのいい朝でした!