テーマ「働き方改革と建設業の今後について」にて商工会議所さんで講演して参りました!

泉佐野商工会議所さんの建設業部会にて講演をさせていただきました。テーマは「働き方改革と建設業の今後について」です。1時間という短い時間でしたが、色々と要点を絞って説明させていただきました。

まずは国が言っている働き方改革と建設業との関わり。残業時間規制は2019年4月からスタートしていますが、建設業では2024年4月まで猶予期間があります。割増賃金の引上げは2023年4月。同一労働同一賃金は2020年4月。中小企業は2021年4月からです。

そして国土交通省が進める建設業働き方改革加速化プログラム。
①長時間労働の是正、②給与・社会保険、③生産性向上の3本柱です。
長時間労働是正については現場の週休2日制の推進、適切な工期設定等のためのガイドラインがポイントです。給与・社会保険は社会保険加入を建設業許可の要件に加えたり、建設キャリアアップシステムによって技術者のキャリアの見える化を図っていきます。生産性の向上についてはICTを使ったiConstructionの推進です。BIMに続いてCIMを進め、生産性を2割向上させる目標が設定されています。

こうした多方面からの施策が講じられるのは建設業界の将来に対する大きな不安があります。現在、技術者は3人に1人が55歳以上と言われています。10年後、3人に1人が現場から退くということです。そして29歳以下の割合は9人に1人です。若者が建設業に入ってきたいと思える業界にしなくてはなりません。統計データはさらに建設業の深刻な状況を表しています。例えば年間の労働時間。建設業は全平均の割合よりも年間336時間多く、出勤日数では29日多いとのことです。労働時間が長く休みも少ないのです。

しかしながら建設業の仕事は誇り高くやりがいのある仕事です。「労働時間や休みが何だ!」と言いたい方も多いと思います。でも皆さんがこの業界に入ってきた1年生の頃を思い出してください。今のように仕事の面白さ、魅力、やりがいを感じていたでしょうか。決して多くない給与のなかで、先輩に毎日怒られ、朝早くから夜遅くまで働き、一度は「こんな仕事やめてやる!」と思ったことがなかったでしょうか。それでも思いとどまった時代。でも今はそこで思いとどまってくれない人が多いのも事実。建設業の仕事に魅力を感じる前に業界を去ってしまうのです。そこをどうにかしたい。どうにかしなければこの業界全体が衰退してしまうのです。

そうしたことを語ってきた1時間でした。短い時間でしたが、聞いてくださった方々の胸に何か残ってくれればと願っています。

元気つうしん 2019年10月号 Vol. 51

~事務所だより~

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。少しずつ秋めいて参りました。
皆さん、季節の変わり目、健康には十分お気を付けください。

連休明けの24日、泉佐野商工会議所さんの建設業部会にて講演をさせていただきました。テーマは「働き方改革と建設業の今後について」です。1時間という短い時間でしたが、色々と要点を絞って説明させていただきました。

まずは国が言っている働き方改革と建設業との関わり。残業時間規制は2019年4月からスタートしていますが、建設業では2024年4月まで猶予期間があります。割増賃金の引上げは2023年4月。同一労働同一賃金は2020年4月。中小企業は2021年4月からです。

そして国土交通省が進める建設業働き方改革加速化プログラム。
①長時間労働の是正、②給与・社会保険、③生産性向上の3本柱です。
長時間労働是正については現場の週休2日制の推進、適切な工期設定等のためのガイドラインがポイントです。給与・社会保険は社会保険加入を建設業許可の要件に加えたり、建設キャリアアップシステムによって技術者のキャリアの見える化を図っていきます。生産性の向上についてはICTを使ったiConstructionの推進です。BIMに続いてCIMを進め、生産性を2割向上させる目標が設定されています。

こうした多方面からの施策が講じられるのは建設業界の将来に対する大きな不安があります。現在、技術者は3人に1人が55歳以上と言われています。10年後、3人に1人が現場から退くということです。そして29歳以下の割合は9人に1人です。若者が建設業に入ってきたいと思える業界にしなくてはなりません。統計データはさらに建設業の深刻な状況を表しています。例えば年間の労働時間。建設業は全平均の割合よりも年間336時間多く、出勤日数では29日多いとのことです。労働時間が長く休みも少ないのです。

しかしながら建設業の仕事は誇り高くやりがいのある仕事です。「労働時間や休みが何だ!」と言いたい方も多いと思います。でも皆さんがこの業界に入ってきた1年生の頃を思い出してください。今のように仕事の面白さ、魅力、やりがいを感じていたでしょうか。決して多くない給与のなかで、先輩に毎日怒られ、朝早くから夜遅くまで働き、一度は「こんな仕事やめてやる!」と思ったことがなかったでしょうか。それでも思いとどまった時代。でも今はそこで思いとどまってくれない人が多いのも事実。建設業の仕事に魅力を感じる前に業界を去ってしまうのです。そこをどうにかしたい。どうにかしなければこの業界全体が衰退してしまうのです。

そうしたことを語ってきた1時間でした。短い時間でしたが、聞いてくださった方々の胸に何か残ってくれればと願っています。

 

~同封チラシのご案内

1. コンサートのご案内
私の友人の奥さんが楽器演奏者で、その演奏会のチラシについて「発注枚数のゼロを1つ多く注文してしまった!!」とのこと。配布を協力してほしいということで、今回同封させていただきました。是非ご覧ください。

2. カンボジア自転車プロジェクト
この1年何度か同封させていただきました。何人かの方から実際にご支援・ご協力いただき誠にありがとうございました。2019年度の募集期間が10月末までということもございまして、最後のご案内をさせていただきたく同封させていただきました。

株式会社パールとして

新会社設立御挨拶

謹啓 時下ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

かねてより準備してまいりました新会社、株式会社パールを令和元年7月29日に設立いたしましたので、謹んでお知らせ申し上げます。

これも偏に皆様の御支援の賜物と深謝申し上げる次第です。今後はなお一層皆様の御要望にお応えできるよう誠心誠意努力する所存ですので何とぞ倍旧の御指導御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら御挨拶申し上げます

今後、徐々に業務を株式会社パールの方へ移行してまいります。また行政書士業務(建設業許可、入札参加資格申請)については引き続き安田コンサルティングとして行ってまいります。少し複雑となりますが、何卒ご了承ください。

株式会社パール 代表取締役 安田 勝也

元気つうしん 2019年9月号 Vol. 50

~事務所だより~

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。いよいよ8月も終わりました。蝉の鳴き声もここ最近はツクツクボウシに変わってきて、少しずつ秋を感じていますがまだまだ暑いですね。皆さん、季節の変わり目、健康には十分お気を付けください。

本日は私が3年前から活動しているカンボジアでのボランティア活動についての宣伝をさせてください。最初に訪れたのは2015年。奨学金で支援している中学生に会いにいってきたのです。他にもたくさんの貧困家庭を訪問し、通学には奨学金だけでなく自転車が必要だと気が付きました。翌年の2016年から協力者を募り、遠い学校に通っているが自転車を買う余裕がない子どもに自転車をプレゼントし、学校には自転車修理ができる自転車クラブを設置する取り組みを行っています。

毎年12月に訪問しているのですが、先日協力者を募るためのクラウドファンディングプロジェクトがスタートしました。「クラウドファンディング」といいますのはインターネットを通じて、日本全国(あるいは世界中)から協力者を募り資金を集める方法です。安田も2016年から毎年実施しており、今年もその時期を迎えた次第です。

プロジェクトの目標金額は120万円。9月末までの期間中に金額が集まらなければ0円になってしまう「オールオアナッシング形式」。期間中は様々なところで情報発信と呼び掛けを行い協力者を集めるのに奔走しております。ご協力者には活動内容を記したサンクスレターや写真。またカンボジア産のコーヒーやスカーフ(現地ではクロマーといいます)をプレゼントしています。

皆さんも是非、プロジェクトページをご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/cam-bi2019

~建設業ニュース~

【入札参加資格審査申請の書類統一】

総務省は地方自治体が発注する建設工事を対象に、競争入札参加資格審査を合理化します。自治体ごとに異なる資格審査申請書類の様式の統一化を図り、基本的な書類の種類や記述項目の内容を全自治体で揃えることにしています。本年度中に標準書式の案を作り、早期に合理化への対応を進めていきます。複数の自治体にて入札に参加している建設会社にとって、自治体工事の受注活動での業務負担の軽減が見込まれます。
現在、2年ごとに行われている競争入札参加資格審査の申請手続きでは、建設会社が申請書類に記述する項目の内容や提出する書類の種類が都道府県や政令市、市町村ごとに異なります。同時期に複数の自治体の審査が集中すると、広い範囲で活動している建設業許可業者にとっては大きな事務負担になっています。

セミナー研修の予定を更新しました

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。

今後のセミナー予定をトップページに掲載いたしました。

掲載しておりますセミナーは以下の通りです。

セミナー予定

2019/7/7,21,8/4 18,25,9/8 はちまん創業塾
場所:近江八幡商工会議所,安土町商工会
主催:近江八幡商工会議所,安土町商工会
2019/8/22,23,26,27 財務研修
場所:中小企業大学校 関西校
主催:中小企業大学校
2019/9/20 建設業経営セミナー
場所:岡山市
主催:民間企業様
2019/9/24 働き方改革と建設業の今後について
場所:大阪府泉佐野市
主催:泉佐野商工会議所 建設業部会
2019/10/7,8 11/13 管理者育成研修~決算書の読み方と財務分析の活用法~
場所:福井県敦賀市
主催:中小企業大学校
2019/10/20,27 創業塾
場所:兵庫県豊岡市
主催:豊岡市商工会
2019/10/28 BCPセミナー
場所:兵庫県三田市
主催:三田市商工会
2019/12/3-5 決算書の読み方講座
場所:大阪府大阪市
主催:中小企業大学校関西校(ご案内ページはこちら

元気つうしん 2019年8月号 Vol. 49

~事務所だより~

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。いよいよ8月に突入し、暑い日が増えていきますが健康には十分お気を付けください。

本日は7月に東京、名古屋、金沢、大阪、福岡、沖縄で行われた建設業経営セミナーについてお話しします。こちらのセミナー、私が以前務めておりました「あさかわシステムズ株式会社」が主宰するセミナーで毎年この時期にお客様への情報提供などを目的に開催されています。今年の私の講演テーマは「働き方改革待ったなし!建設業の働き方プログラムとその取り組み」です。

働き方改革がいよいよ本格化していくなかで、私たちは何をどのように取り組めばいいのでしょうか。企業の成長と発展のためには人材という無限の可能性を秘めた経営資源が不可欠です。建設業就労者数の減少や高齢化に歯止めが効かないなか、そうした外部環境を嘆いているだけでは何も起こりません。働き方改革3本柱である ①長時間労働の是正(週休2日と適正な工期設定)②給与・社会保険(キャリアプランと社会保険・建設業許可制度)③生産性向上(ICT活用と合理化の推進)にしっかり取り組み、5年後、10年後、さらに優れた企業へと成長するヒントを解説してきました。主な内容は以下の10点。

  1. 働き方改革の入り口
  2. 建設業働き方改革加速化プログラム
  3. 建設業界の置かれている状況(外部環境)を確認
  4. 建設産業政策2017
  5. 長時間労働の是正(週休2日と適正な工期設定)適切な工期設定のためのガイドライン等
  6. 生産性向上(ICT活用と合理化の推進)CIM導入等
  7. 給与・社会保険(キャリアプランと社会保険・建設業許可制度)建設キャリアアップシステム等
  8. 人材・モチベーションについて
  9. ビジョンと戦略について
  10. 組織力とコミュニケーションについて

80分でこれらのテーマをすべてお話しするのは詰め込みすぎの感がありますが、何か1つでもヒントを持って帰っていただきたく一生懸命話してまいりました。

 

~建設業ニュース~

【下請の主任技術者配置義務を見直しへ】

国土交通省が下請を対象にした主任技術者の配置義務を見直します。上位下請が1年以上の指導監督的な実務経験を持つ主任技術者を専任配置する場合、下位下請は主任技術者の配置を不要にします。ただし、主任技術者を置かない下位下請はさらなる下請契約(再下請)が禁止されます。これによって重層下請構造の改善につなげていきたい考えです。

建設業経営セミナー「働き方改革待ったなし!建設業の働き方プログラムとその取り組み」を全国6か所で講演して参りました!

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。いよいよ8月に突入。猛暑日が続いております。熱中症には十分お気を付けください。

本日は7月に東京、名古屋、金沢、大阪、福岡、沖縄で行われた建設業経営セミナーについてお話しします。こちらのセミナー、私が以前務めておりましたあさかわシステムズ株式会社が主宰するセミナーで毎年この時期にお客様への情報提供などを目的に開催されています。今年の私の講演テーマは「働き方改革待ったなし!建設業の働き方プログラムとその取り組み」です。

働き方改革がいよいよ本格化していくなかで、私たちは何をどのように取り組めばいいのでしょうか。企業の成長と発展のためには人材という無限の可能性を秘めた経営資源が不可欠です。建設業就労者数の減少や高齢化に歯止めが効かないなか、そうした外部環境を嘆いているだけでは何も起こりません。

働き方改革3本柱である ①長時間労働の是正(週休2日と適正な工期設定)②給与・社会保険(キャリアプランと社会保険・建設業許可制度)③生産性向上(ICT活用と合理化の推進)にしっかり取り組み、5年後、10年後、さらに優れた企業へと成長するヒントを解説してきました。

主な内容は以下の10点。
1.働き方改革の入り口
2.建設業働き方改革加速化プログラム
3.建設業界の置かれている状況(外部環境)を確認
4.建設産業政策2017
5.長時間労働の是正(週休2日と適正な工期設定):適切な工期設定のためのガイドライン等
6.生産性向上(ICT活用と合理化の推進):CIM導入等
7.給与・社会保険(キャリアプランと社会保険・建設業許可制度):建設キャリアアップシステム等
8.人材・モチベーションについて
9.ビジョンと戦略について
10.組織力とコミュニケーションについて

80分でこれらのテーマをすべてお話しするのは詰め込みすぎの感がありますが、何か1つでもヒントを持って帰っていただきたく一生懸命話してまいりました。

兵庫県の新温泉町商工会さんにて経営革新セミナーの講師を務めて参りました!

みなさん、こんにちは。安田コンサルティングの安田です。本日は、7月8日と22日の2回にわたって新温泉町商工会さんにて開催されました経営革新セミナーの様子をお話いたします。

こちらアフターフォローの個別相談付きのセミナーとなってます。

初日の内容は以下の3点

  1. 経営革新とは何か?その概要について
  2. 経営計画についての基礎知識
  3. 経営目標達成のための経営計画の有り方

そして2日目の内容は次の通りでした。

  1. 経営革新支援制度の活用
  2. 経営革新計画の構成と作成について
  3. 補助金等へのステップアップのポイント

地元の様々な企業さんが参加されておられました。こちらの地域は人口や世帯数の減少が急激に進んでいるいっぽう観光客数は微増という状態。そのような外部環境のもと「何か手は打てないか?」「活用できる支援施策は無いか?」と考えておられます。

今回のセミナーが経営革新のヒント・糸口になることを願ってやみません。

京都商工会議所にて創業塾の講師を務めて参りました!

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。

京都商工会議所にて夏の創業塾が開催されました。2015年からメイン講師を担当し、今年で5回目となります。定員は30名だったところ、参加者はなんと42名!!今年から真新しくなった京都商工会議所さんのピカピカの会場です。

というわけで42名の夢の実現と向き合うわけですが、初日は「創業するってどういうことだろう?」という話から入ります。拙著の創業本もプレゼントさせていただくのですが、この初日の内容だけはコトダマにして伝えないと伝わらない内容。いつも初日の講義をする際に思い出すことは、2015年に京都商工会議所さんから打診をいただき、担当者の方が事務所に来ていただいたときのことです。

「私が創業塾で話す内容はかなりめんどくさいですよ」とお伝えしたのですが、「それでお願いします」とご快諾いただいきました。その「めんどくさい」エッセンスが初日に凝集されているのです。

開講一番はもちろん「おはようございます!」から。創業塾OBの方々は覚えていますよね??「創業者は〇〇と〇〇で負けるな!」です。今年ももちろんそこからスタートいたしました。

ちなみにカリキュラムは以下の通りでした。

毎週なかなかハードな1日を過ごしてきましたが、それもようやく終わり。でも京都創業塾はそれだけでは終わりません。そのあと、受講者と膝を突き合わせての個別相談。

それが明日と来週25日の計2日間にわたって行われます。今は事前に提出された創業計画書の読み込みをしています。みんなとまた会えるのが今から楽しみです!

※ところで最初の写真。創業塾に参加いただいた「未来の名書道家」の方からのプレゼントです。将来プレミアがついて、皆からうらやましがられるのを楽しみにしています(^^) Hさん、どうもありがとうございました!

香美町商工会さんにて創業支援セミナーのメイン講師を務めてまいりました!

6月10日から毎週月曜日、18時30分~21時30分の3時間ずつ創業支援セミナーの講師をしてまいりました。

ご依頼者は香美町商工会。これまでも個別相談や決算書の読み方などのセミナーでもご依頼頂いている商工会さんです。

セミナー自体は以下のカリキュラムで5週連続で行われました。

最初の4回を安田が担当させていただいたということでございます。計12時間、テーマも同じ12個。だから1時間1コマの割り振りでしたが全部をお伝えするのは本当に大変。でも受講者の人たちにも交流してほしいのでワークの時間も少しですが設けました。

何とか、みなさんにご満足いただけたようで何よりです。

6月、7月は私にとって創業関連も含めてセミナー超繁忙期。次の日の予定もあり、毎週21時30分に終了後車で帰宅するのはなかなか体力がいりましたが、それでもとっても充実した時間を過ごしました。

受講者の皆さんの未来。このセミナーが少しでも明るく照らす灯りになってもらえれば幸せです。