中小企業基盤整備機構さんのサテライトゼミにて決算書の読み方と財務分析について研修して参りました!

こんにちは。株式会社パール(安田コンサルティング)の安田です。昨日の11月13日は福井県敦賀市にて研修をしておりました。この研修は中小企業基盤整備機構北陸本部さんが主催で、併せて敦賀信用金庫さんが共催するという形で実現した研修です。

研修の内容は「決算書の読み方と財務分析の活用法」です。10月7日、8日、そして1か月あけて11月13日。計3日間で行われました。

研修の構成は以下の通りです。

  1. 決算書を読み解くための基礎知識①
    1. 管理者の視点で必要な経営数値の捉え方
    2. 財務会計と管理会計の違い
    3. 利益と資金繰りの違い
  2. 決算書を読み解くための基礎知識②
    1. 貸借対照表、損益計算書の仕組みと見方
    2. キャッシュフロー計算書の仕組みと見方
  3. 財務分析の手法と活用のポイント
    1. 財務分析(安全性、収益性、成長性、生産性)
    2. 損益分岐点分析と活用方法
    3. 分析数値の評価と課題の捉え方
    4. キャッシュフローの分析と改善の考え方
  4. ゼミナール①(自社分析と現場への変換)
    1. 自社分析と課題発見
    2. 改善につながる数値とは
  5. ゼミナール②(予実管理の手法)
    1. 予実管理の方法
    2. PDCAの実践
    3. 経営計画を共有する(会社の将来像)
  6. ゼミナール③(発表と全体講評)
    1. 各自発表(管理手法について)
    2. 講師より全体講評

昨日は最終日。上記の5と6です。締めくくりは受講者の発表です。財務分析の結果が自社の将来ビジョンにどういった影響を与えるのか、改善策はどうするか、何を実践していくかなど、色々と語ってもらいました。

最初は決算書の読み方がまったくわからなかったのに3日間の研修を経てしっかりと分析できるようになった姿を見て、充実した研修ができてよかったと感じた最終日となりました。

豊岡市商工会さんにて創業支援セミナーの講師を務めて参りました!

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。

本日は10月20日、27日と2週に渡って講師を務めて参りました豊岡市商工会さんでの創業支援セミナーについて記載いたします。

こちらのセミナー。2014年からご依頼いただいており今年で6回目となります。

2週に渡って説明させていただいた内容は以下の通りです。

  1. 創業を考える
  2. 経営者に必要なもの
  3. 自分の強みを生かす
  4. 創業の動機を考える
  5. 創業計画書について
  6. 強みと機会を活かした経営戦略
  7. 事業コンセプトの明確化
  8. マーケティングのポイント
  9. 3C分析
  10. マーケティングの4P
  11. 資金計画のポイント
  12. 売上計画のポイント
  13. ホームページ
  14. ブログでの情報発信
  15. ネットショップの開設と集客
  16. コンバージョン
  17. SNS
  18. クラウド活用する
  19. プレゼンテーションで大切なこと
  20. 開業手続き
  21. 社会保険・労働保険について

両日とも10時から休憩1時間をはさんで17時までの各6時間。計12時間。これだけの内容を伝えるには少し時間が足りないのですが、かなり凝縮して伝えたいことをすべて伝えてきました。

受講者の方々には拙著「創業者のためのスタートアップマニュアル」もプレゼントさせていただきました。これで復習もバッチリできるはず!!Facebookで友達申請頂いた方のお一人に「2日目はどうしても出られなかったのですが、本を頂いたので自分で勉強します!」と言う方もおられました。

受講された皆さんの夢が叶い、世の中に”いい感じ”の企業が増えていきますように。
そう願うのでした。

元気つうしん 2019年11月号 Vol. 52

~事務所だより~

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。台風19号によって甚大な被害が出ました。被害は東日本が中心ですが皆さまは大丈夫でしたでしょうか。19号の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。一日も早く平常に戻ることができますようお祈り申し上げます。

本日は私が講演でよく使うスライドの1枚を使って働き方改革とモチベーションや、やる気についてお話しさせていただきます。

残業時間の抑制、現場の週休2日制、同一労働同一賃金など、働き方改革を取り巻く取り組みがスタートしていきます。今回の災害における復旧活動は非常時活動です。台風がまだ去らぬ強風のなか、堤防の決壊を少しでも防ごうと重機を動かしている様子がテレビに映っていました。災害時に建設会社が担う役割は本当に大きいのです。

「働き方改革がなんや!建設現場でそんなこと言ってられるか!」という声も聞こえてきそうですが、災害時・非常時に自らの仕事に誇りを持って高いモチベーションで役割を果たすことが求められます。社員がみな高い士気のもと働く組織・風土の育成が重要なのです。そのときに思い出してほしいのが図の右側にあるピラミッド。これは人間の欲求を5段階で表したものです。「なんで働くの?」と聞かれたとき、最初の答えは「お金のため」でしょう。それは自らの暮らしを守るためです。欲求段階でいうと「安全」にあたります。私は「働き方改革」の様々な取り組みはこの「安全」欲求を満たすために過ぎないと考えています。人間はさらに社会欲求、承認欲求、自己欲求という高い欲求を持っています。それぞれ、「組織に属して仲間を得たい」「仲間から認められたい」「充実した人生を送りたい」と言い表せます。この3つの欲求は「働き方改革」ではなく各社各様の取り組みが必要なのです。そのキーワードは成長・達成・感謝です。

成長の機会、達成感を味わう機会、感謝される機会。この3つの機会を社内で増やしていく。新人だけでなくベテラン社員であってもそうした機会が毎日のように得られる企業。それが「自らの仕事に誇りをもち高いモチベーションで役割を果たす」ことにつながり、「社員がみな高い士気のもと働く組織・風土の育成」につながっていくのです。取り組みのスタートは簡単です。「感謝」がポイント。今この「元気つうしん」を読んでいる皆さんの目の前、または隣にいる人に「いつもありがとう」の気持ちを伝えることです。私も皆さんに感謝の気持ちを込めて、

いつも安田コンサルティングを支えていただき、本当にありがとうございます。

 

~お知らせとお詫び

12月6日~18日までの13日間、カンボジア出張のため不在となります。メールは確認いたしております。携帯電話は事務員が着信やメッセージを確認しておりますので、折り返しこちらから連絡させて頂きます。ご不便をおかけいたしますがご了承ください。
皆さまからのご協力もございまして、今年もカンボジアの子どもたちに自転車150台、自転車クラブの設立4か所、これまでのクラブ13か所へのパーツ補給が実現します。ありがとうございます。

堺にて「掛け算で考える!?売上向上大作戦!!セミナー」の講師をしてきました!

皆さん、こんにちは。株式会社パールの安田です。(最近少しずつ株式会社パールとしてお仕事をさせていただく機会が増えて参りました。)

10月21日に堺のさかい新事業創造センターさんにて「掛け算で考える!?売上向上大作戦!!セミナー」の講師を務めて参りました。

対象は創業準備中か創業間もない方が中心。売上を増やすために色々な作戦を考えてみようという研修です。

売上を増やす・・・

チラシ配布

ネットショップをオープン

SNSでの情報発信・・・

そんなことを皆さんも考えたことあると思います。でも作戦を考えることに本当に真剣に時間をとって向き合うことってあまり無いのではないでしょうか。創業者にとって、他に考えることもたくさんあるし仕方がないのかもしれません・・・

でも「仕方がない」まま放置しておくと、創業時の一番の不安である「売上」がずっと頭の上にのしかかるのです。

「そんなこと言ったって、思いつくアイデアっていつも同じような感じだし・・・」

そう。同じアイデアを思い浮かべてはまた他のことを考えてしまう。全然進まない。もちろん思いつかない角度・分野のアイデアもたくさんあるでしょう。漏れなく隈なく考え出すには??

それが掛け算です。掛け算で考えると隅々まで作戦を検討することができます。

その検討の際にマーケティングの知識やアイデアの発想法が頭にあったら・・・

たった2時間ですが、掛け算の考え方以外にマーケティングの話やらはイデアの発想法の話などたくさん欲張って伝えて参りました。

終了後、たくさんの方と名刺交換させていただき、喜んでいただいたと手応えを感じることができました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

商工会の経営支援員の方向けに事業者支援の研修を行ってまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。昨日の10月18日(金)に和歌山県にて商工会の経営支援員さん向けに事業者支援の研修を行ってまいりました。主催は和歌山県商工会連合会さんです。

ちなみに商工会さんには経営指導員という方と経営支援員という方がおられます。経営指導員は事業所さんの経営支援を直接的に行う方々。そして経営支援員の皆さんは経営指導員の補佐・サポート役で、他にも記帳指導や申告のサポートなども行います。

サポート役の経営支援員の皆さんにもっと事業所支援の知識を身につけてもらい、商工会全体としてサポート力を高めていこうというわけです。

研修は4時間にわたって行いました。経営に関する用語の整理や経営計画と事業計画の違いなど基礎的なことから入り、簡略化したA4サイズ1枚の経営計画書の書き方や数値計画(損益計画書と貸借対照表の計画)などについても触れました。

強調したのはビジョンの重要性。経営意欲が低下した経営者に「それはちょっと楽しいかも・・・」と思ってもらえるようなビジョンを一緒になって考え、モチベーションを少し上げたところで小さなことから成功体験を積み上げていく。その流れを丁寧に説明しました。

テーマ「働き方改革と建設業の今後について」にて商工会議所さんで講演して参りました!

泉佐野商工会議所さんの建設業部会にて講演をさせていただきました。テーマは「働き方改革と建設業の今後について」です。1時間という短い時間でしたが、色々と要点を絞って説明させていただきました。

まずは国が言っている働き方改革と建設業との関わり。残業時間規制は2019年4月からスタートしていますが、建設業では2024年4月まで猶予期間があります。割増賃金の引上げは2023年4月。同一労働同一賃金は2020年4月。中小企業は2021年4月からです。

そして国土交通省が進める建設業働き方改革加速化プログラム。
①長時間労働の是正、②給与・社会保険、③生産性向上の3本柱です。
長時間労働是正については現場の週休2日制の推進、適切な工期設定等のためのガイドラインがポイントです。給与・社会保険は社会保険加入を建設業許可の要件に加えたり、建設キャリアアップシステムによって技術者のキャリアの見える化を図っていきます。生産性の向上についてはICTを使ったiConstructionの推進です。BIMに続いてCIMを進め、生産性を2割向上させる目標が設定されています。

こうした多方面からの施策が講じられるのは建設業界の将来に対する大きな不安があります。現在、技術者は3人に1人が55歳以上と言われています。10年後、3人に1人が現場から退くということです。そして29歳以下の割合は9人に1人です。若者が建設業に入ってきたいと思える業界にしなくてはなりません。統計データはさらに建設業の深刻な状況を表しています。例えば年間の労働時間。建設業は全平均の割合よりも年間336時間多く、出勤日数では29日多いとのことです。労働時間が長く休みも少ないのです。

しかしながら建設業の仕事は誇り高くやりがいのある仕事です。「労働時間や休みが何だ!」と言いたい方も多いと思います。でも皆さんがこの業界に入ってきた1年生の頃を思い出してください。今のように仕事の面白さ、魅力、やりがいを感じていたでしょうか。決して多くない給与のなかで、先輩に毎日怒られ、朝早くから夜遅くまで働き、一度は「こんな仕事やめてやる!」と思ったことがなかったでしょうか。それでも思いとどまった時代。でも今はそこで思いとどまってくれない人が多いのも事実。建設業の仕事に魅力を感じる前に業界を去ってしまうのです。そこをどうにかしたい。どうにかしなければこの業界全体が衰退してしまうのです。

そうしたことを語ってきた1時間でした。短い時間でしたが、聞いてくださった方々の胸に何か残ってくれればと願っています。

元気つうしん 2019年10月号 Vol. 51

~事務所だより~

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。少しずつ秋めいて参りました。
皆さん、季節の変わり目、健康には十分お気を付けください。

連休明けの24日、泉佐野商工会議所さんの建設業部会にて講演をさせていただきました。テーマは「働き方改革と建設業の今後について」です。1時間という短い時間でしたが、色々と要点を絞って説明させていただきました。

まずは国が言っている働き方改革と建設業との関わり。残業時間規制は2019年4月からスタートしていますが、建設業では2024年4月まで猶予期間があります。割増賃金の引上げは2023年4月。同一労働同一賃金は2020年4月。中小企業は2021年4月からです。

そして国土交通省が進める建設業働き方改革加速化プログラム。
①長時間労働の是正、②給与・社会保険、③生産性向上の3本柱です。
長時間労働是正については現場の週休2日制の推進、適切な工期設定等のためのガイドラインがポイントです。給与・社会保険は社会保険加入を建設業許可の要件に加えたり、建設キャリアアップシステムによって技術者のキャリアの見える化を図っていきます。生産性の向上についてはICTを使ったiConstructionの推進です。BIMに続いてCIMを進め、生産性を2割向上させる目標が設定されています。

こうした多方面からの施策が講じられるのは建設業界の将来に対する大きな不安があります。現在、技術者は3人に1人が55歳以上と言われています。10年後、3人に1人が現場から退くということです。そして29歳以下の割合は9人に1人です。若者が建設業に入ってきたいと思える業界にしなくてはなりません。統計データはさらに建設業の深刻な状況を表しています。例えば年間の労働時間。建設業は全平均の割合よりも年間336時間多く、出勤日数では29日多いとのことです。労働時間が長く休みも少ないのです。

しかしながら建設業の仕事は誇り高くやりがいのある仕事です。「労働時間や休みが何だ!」と言いたい方も多いと思います。でも皆さんがこの業界に入ってきた1年生の頃を思い出してください。今のように仕事の面白さ、魅力、やりがいを感じていたでしょうか。決して多くない給与のなかで、先輩に毎日怒られ、朝早くから夜遅くまで働き、一度は「こんな仕事やめてやる!」と思ったことがなかったでしょうか。それでも思いとどまった時代。でも今はそこで思いとどまってくれない人が多いのも事実。建設業の仕事に魅力を感じる前に業界を去ってしまうのです。そこをどうにかしたい。どうにかしなければこの業界全体が衰退してしまうのです。

そうしたことを語ってきた1時間でした。短い時間でしたが、聞いてくださった方々の胸に何か残ってくれればと願っています。

 

~同封チラシのご案内

1. コンサートのご案内
私の友人の奥さんが楽器演奏者で、その演奏会のチラシについて「発注枚数のゼロを1つ多く注文してしまった!!」とのこと。配布を協力してほしいということで、今回同封させていただきました。是非ご覧ください。

2. カンボジア自転車プロジェクト
この1年何度か同封させていただきました。何人かの方から実際にご支援・ご協力いただき誠にありがとうございました。2019年度の募集期間が10月末までということもございまして、最後のご案内をさせていただきたく同封させていただきました。

株式会社パールとして

新会社設立御挨拶

謹啓 時下ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

かねてより準備してまいりました新会社、株式会社パールを令和元年7月29日に設立いたしましたので、謹んでお知らせ申し上げます。

これも偏に皆様の御支援の賜物と深謝申し上げる次第です。今後はなお一層皆様の御要望にお応えできるよう誠心誠意努力する所存ですので何とぞ倍旧の御指導御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら御挨拶申し上げます

今後、徐々に業務を株式会社パールの方へ移行してまいります。また行政書士業務(建設業許可、入札参加資格申請)については引き続き安田コンサルティングとして行ってまいります。少し複雑となりますが、何卒ご了承ください。

株式会社パール 代表取締役 安田 勝也

元気つうしん 2019年9月号 Vol. 50

~事務所だより~

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。いよいよ8月も終わりました。蝉の鳴き声もここ最近はツクツクボウシに変わってきて、少しずつ秋を感じていますがまだまだ暑いですね。皆さん、季節の変わり目、健康には十分お気を付けください。

本日は私が3年前から活動しているカンボジアでのボランティア活動についての宣伝をさせてください。最初に訪れたのは2015年。奨学金で支援している中学生に会いにいってきたのです。他にもたくさんの貧困家庭を訪問し、通学には奨学金だけでなく自転車が必要だと気が付きました。翌年の2016年から協力者を募り、遠い学校に通っているが自転車を買う余裕がない子どもに自転車をプレゼントし、学校には自転車修理ができる自転車クラブを設置する取り組みを行っています。

毎年12月に訪問しているのですが、先日協力者を募るためのクラウドファンディングプロジェクトがスタートしました。「クラウドファンディング」といいますのはインターネットを通じて、日本全国(あるいは世界中)から協力者を募り資金を集める方法です。安田も2016年から毎年実施しており、今年もその時期を迎えた次第です。

プロジェクトの目標金額は120万円。9月末までの期間中に金額が集まらなければ0円になってしまう「オールオアナッシング形式」。期間中は様々なところで情報発信と呼び掛けを行い協力者を集めるのに奔走しております。ご協力者には活動内容を記したサンクスレターや写真。またカンボジア産のコーヒーやスカーフ(現地ではクロマーといいます)をプレゼントしています。

皆さんも是非、プロジェクトページをご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/cam-bi2019

~建設業ニュース~

【入札参加資格審査申請の書類統一】

総務省は地方自治体が発注する建設工事を対象に、競争入札参加資格審査を合理化します。自治体ごとに異なる資格審査申請書類の様式の統一化を図り、基本的な書類の種類や記述項目の内容を全自治体で揃えることにしています。本年度中に標準書式の案を作り、早期に合理化への対応を進めていきます。複数の自治体にて入札に参加している建設会社にとって、自治体工事の受注活動での業務負担の軽減が見込まれます。
現在、2年ごとに行われている競争入札参加資格審査の申請手続きでは、建設会社が申請書類に記述する項目の内容や提出する書類の種類が都道府県や政令市、市町村ごとに異なります。同時期に複数の自治体の審査が集中すると、広い範囲で活動している建設業許可業者にとっては大きな事務負担になっています。

セミナー研修の予定を更新しました

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。

今後のセミナー予定をトップページに掲載いたしました。

掲載しておりますセミナーは以下の通りです。

セミナー予定

2019/7/7,21,8/4 18,25,9/8 はちまん創業塾
場所:近江八幡商工会議所,安土町商工会
主催:近江八幡商工会議所,安土町商工会
2019/8/22,23,26,27 財務研修
場所:中小企業大学校 関西校
主催:中小企業大学校
2019/9/20 建設業経営セミナー
場所:岡山市
主催:民間企業様
2019/9/24 働き方改革と建設業の今後について
場所:大阪府泉佐野市
主催:泉佐野商工会議所 建設業部会
2019/10/7,8 11/13 管理者育成研修~決算書の読み方と財務分析の活用法~
場所:福井県敦賀市
主催:中小企業大学校
2019/10/20,27 創業塾
場所:兵庫県豊岡市
主催:豊岡市商工会
2019/10/28 BCPセミナー
場所:兵庫県三田市
主催:三田市商工会
2019/12/3-5 決算書の読み方講座
場所:大阪府大阪市
主催:中小企業大学校関西校(ご案内ページはこちら