堺商工会議所さんにて「創業準備セミナー」の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は8月21日に開催されました創業準備セミナーの様子をお伝えいたします。こちらは堺商工会議所で開催され、会場参加とオンライン参加のハイブリッドで行われました。

こちらのセミナー、1日で創業に必要な知識を得ることが目的で10時から17時まで間に休憩を1時間はさみ計6時間で行われます。

セミナーの内容は以下の通りです。

  1. 創業の心構え:創業を考える、創業パターンの分類
  2. 創業のアイデア創出:好きなことを事業に変える、アイデアを磨く、コロナの影響を考える
  3. 創業計画書の作成:事業コンセプトや売る仕組みを考える、収支計画と資金計画
  4. 各種創業支援施策の活用:㈱日本政策金融公庫・制度融資について、創業支援制度について
  5. 開業の手続き:開業届の提出方法、許認可の申請・更新手続き
  6. インターネットでの販路開拓 :インスタグラムや LINE公式アカウントなど SNS の有効活用
  7. キャッシュレス決済やクラウドの活用:QR コード決済と様々なサービスについての紹介

この1日完結型のセミナー、堺商工会議所さんでは2009年から担当させていただいており今年で13回目となりました。創業という夢に向かって進む皆さんのお力になれることを誇りに思います。今年も終了後、たくさんの方々からご質問やご挨拶をいただきました。本当にありがとうございました。

はちまん創業塾の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は7月中旬から8月下旬に渡って実施されました「はちまん創業塾」をご紹介いたします。

こちらの創業塾は近江八幡商工会議所さん、安土町商工会さん、滋賀中央信用金庫さんの主催です。安田は2016年から講師をさせていただいており今年で6回目となりました。

カリキュラムは以下の通りです。

コロナ禍ですが感染症対策をしっかり行い開催されました。最終日の8月29日は滋賀県でも緊急事態宣言期間となってしまったため、グループワークは個人ワークに変更になりましたが、それ以外のカリキュラムはそのまま進めることができました。

懇親会も開催できませんでしたので、先日非公式でZoomを使ったオンライン打ち上げが開催され、安田も参加させていただきました。前向きな人たちの前向きな話を聞いているのは本当に楽しいです!!

金沢で「決算書の読み方講座」の講師を務めて参りました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は7月6日~8日に金沢市内で行われました『決算書の読み方講座』のことをご紹介いたします。

こちら主催は中小企業基盤整備機構北陸本部。昨年に引き続き、講座を担当させていただきました。

内容は次の通りです。

  1. 研修の狙い
    決算書は日々の事業活動の成果が年度での実績となって表わされるものです。決算書の見方がわかると、自社の現状把握が可能となり、これからの活動を考える指針になるため、今後の業務にも大いに役立ちます。
    本研修では、モデル決算書を題材にして決算書の仕組みや用語の意味、数字の流れなどを理解します。また、事例演習を通じて実際の企業活動との連動をイメージしながら、決算書を読み解くポイントを学びます。
  2. 構成
    1. 決算書と財務の基礎
      決算書を読む上で必ず理解しておきたい事項について学びます。

      1. 決算書で使われる用語の意味
      2. 決算書ができるまでの流れ
      3. 損益計算書と貸借対照表を読む
      4. キャッシュ・フロー計算書を読む
    2. 事例で味わう決算書の面白さ
      各勘定科目の意味や企業活動の背景について具体的な事例を交えて学びながら、モデル決算書を読み解いていきます。

      1. 決算書から読み取れる企業の戦略や背景の違い
      2. 中小企業と大企業の決算書の違い
      3. 利益と資金繰りの違い
      4. 損益計算書/貸借対照表/キャッシュ・フロー計算書の関係
    3. 決算書を見るポイント(演習)
      モデル決算書を題材に、実際の企業活動との連動をイメージしながら、決算書の読み方への理解を深めます。

      1. 財務分析の実践
      2. 収益性や効率性、生産性などの改善のヒント
      3. キャッシュフローと資金繰りの改善のヒント
      4. 簡易キャッシュフロー計算書の作成

こちら、今年度中に2回目の開催が予定されております。日程はまだ未定ですが、詳しくは中小企業大学校金沢キャンパスにお問い合わせください。

京都商工会議所さん主催の創業塾で今年も講師を務めさせていただきました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。もうずいぶん前のこととなってしまいましたが、今夏開催されました京都商工会議所での創業塾のことをご紹介したいと思います。

こちらの創業塾、2015年から講師をさせていただいており今年で7回目となりました。土曜日10時~17時の5回開催で、終了後には創業計画書のブラッシュアップがついている講座です。

昨年(そのときのブログはこちら)は新型コロナウイルスの影響によりすべての回がオンライン開催でした。今年は、昨年と同じでは新型コロナウイルスにやられっぱなしなので対策を万全にして3回目だけリアル開催で実施できました。京都創業塾でリアルの講義を行うのは一昨年以来だから約2年。なんだかとっても緊張しましたが、それでも受講者のみなさんと直接お会いできて本当に良かったと思っています。

カリキュラムはチラシの裏面に記載されており以下のようになっております。

創業塾終了後の個別相談会は7月31日と8月2日。もう一か月以上も経過してしまっています。8月はクラウドファンディングのプロジェクトでいっぱいいっぱいでブログの更新ができておりませんでした。更新が遅くなって申し訳ございません。

「建設会社のための輝くビジョンと人材戦略」というテーマでオンラインセミナーを実施しました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は8月に沖縄県の建設業関連団体様向けに行ったセミナーの様子をお知らせいたします。沖縄といいましてもコロナ禍ですので、Zoomによるオンラインで実施されました。

セミナーのタイトルは「建設会社のための輝くビジョンと人材戦略」です。事前に集まったアンケートでは、以下のような要望がございました。
大卒内定者の辞退理由で大手企業への内定が多い、理由は待遇・経験値など様々。(民間建築工事社長)
採用はできているが社員の定着率はあまりよくない(設備工事会社役員)
高齢化・技術者不足があり育成もしたいがコロナで実案件も減少し実践で育成が難しい。ICTの活用などを検討しているが行政や全国的なトレンドが知りたい。(植栽工事会社役員)
現在は人材に困っていないが数年先はどのように採用をするか思案している(改修工事会社役員)
地元の若い人を採用したいが非常に難しい、外国人を採用しているができる職人はすぐ成長するが技能実習生で国に帰り非常にもったいない。(型枠工事会社社長)
BIMを5年前から導入しているが活用と育成が進まない。(設計事務所役員)

そこで、研修では以下の内容をお伝えいたしました。
1.ビジョンと人材について
2. 建設業における働き方改革の法制度等
(ア) 建設業の働き改革加速化プログラム
(イ) 残業上限規制、割増賃金引上げ、有給休暇消化義務、同一労働同一賃金
3. 採用のための企業PR
(ア) 採用と定着率向上
(イ) 求人票や求人広告
(ウ) ホームページやSNS での発信
4. ビジョンと人材育成
(ア) キャリアプランと給与
(イ) 社内面談での意思疎通
5. iConstruction の推進と補助金活用
(ア) CIM の推進
(イ) ものづくり補助金活用等

1時間という短い時間ですが、色々とお伝えすることができて喜んでいただけました。

 

堺商工会議所さんにて「はじめてでもできる!事業計画書作成セミナー」の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は堺商工会議所さんにて「はじめてでもできる!事業計画書作成セミナー」の講師を務めてまりました。

こちらが案内チラシです。チラシにもあります通り、今回のセミナーは小規模事業者持続化補助金の活用を想定した内容になっております。一般型と低感染リスク型ビジネス枠が並走しておりますがその両方を説明してしまおうという盛沢山の内容でした。

今回は会場+Zoomのハイブリッド型の開催。最初は音声トラブルもあって少し中断してしまいましたが、何とか無事終えることができました。

セミナーの内容は以下の4つ。

  1. 補助金、助成金についての基礎知識
  2. 採択されるための様々なノウハウとポイント
  3. 小規模事業者持続化補助金【一般型】
  4. 小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型ビジネス枠】

補助金の概要を説明するとともに、記載すべき項目をまとめた、いわば虎の巻もご提供させていただきました。皆さん是非虎の巻を活用いただき採択にいたってほしいと願っております!!

堺商工会議所さんにて『飲食店のための持続化補助金活用セミナー』の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。4月30日に堺商工会議所にて『飲食店のための持続化補助金活用セミナー』というテーマで講師を務めてまいりました。こちらのセミナーは会議所の食品部会の会員様向けに開催されたものです。

緊急事態宣言中ということもあり、セミナーはオンラインのみで開催されました。1時間という短い時間でしたが、以下の内容について話してまいりました。

  1. 補助金活用のための基礎知識
  2. 採択されるための様々なノウハウとポイント
  3. 小規模事業者持続化補助金【一般型】について
  4. 小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型ビジネス枠】について
  5. 採択事例を探る・・・
  6. 補助金計画の定番パターンにはめる

受講された方の様子を見ていますと、お店の仕込み中にスマートフォンでご覧になっている方が多いと感じました。オンライン開催の便利さがいきたセミナーとなりました。しかしその一方で、「はたして、パソコン持っておられるだろうか・・・」という心配も。ここに大きなハードルがあるかもしれません・・・

※ちなみに写真の安田が使っているのはペンタブレットです。なんでペンタブレットを使うのか・・・その理由は別のブログ記事で紹介しております。こちらをご覧ください。「オンラインセミナー等で使うペンタブレットのこと

 

3月8日に摂津市商工会さんにて創業セミナーの講師を務めてまいりました!

みなさん、こんにちは。株式会社パールの安田です。

本日は3月8日に摂津市商工会さんにて行われました創業セミナーのことをご紹介いたします。

こちらが案内チラシ。「1日で創業のことが全部わかる」とありますとおり、内容は盛りだくさん。以下の9個の項目について説明しました。

  1. 創業の心構え
  2. 創業のアイデ創出
  3. 創業計画書の作成
  4. 支援施策の活用
  5. 開業の手続き
  6. マーケティングの初歩
  7. 収支計画
  8. 資金計画
  9. インターネットの活用

朝の10時からあいだに1時間お昼休憩をはさんで16時まで。5時間で語るには少々詰め込みすぎですが、知っておいてほしいことがたくさんありましたのでがんばって説明してきました。

当日は会場参加とZoomでのオンライン参加のハイブリッド型。そして、このセミナーの最大の特徴は無料保育があること。参加者のなかでお二人ほど小さなお子さんをお連れでした。「受講したいけど子どもを預けられるところがない」といった方々に、保育をお願いしてもいいしZoomで自宅から受講してもいいし。とっても便利ですね!!

セミナーは16時にすべて語りつくして無事終了。みなさん、夢の実現へ一歩、二歩、近づけたでしょうか。

堺商工会議所の創業準備セミナーにて講師を務めてまいりました!!

こんにちは。株式会社パールの安田です。先日の2月20日、堺商工会議所にて開催されました創業準備セミナーの講師を務めてまいりました。

開催概要(チラシ)は以下の通りです。

セミナーの内容は以下の通りです。

  1. 創業の心構え:創業を考える、創業パターンの分類
  2. 創業のアイデア創出:好きなことを事業に変える、アイデアを磨く、コロナの影響を考える
  3. 創業計画書の作成:事業コンセプトや売る仕組みを考える、収支計画と資金計画
  4. 各種創業支援施策の活用:㈱日本政策金融公庫・制度融資について、創業支援制度について
  5. 開業の手続き:開業届の提出方法、許認可の申請・更新手続き
  6. インターネットでの販路開拓 :インスタグラムや LINE公式アカウントなど SNS の有効活用
  7. キャッシュレス決済やクラウドの活用:QR コード決済と様々なサービスについての紹介

10時から17時まで1日でこれらのことをいっぺんに学べるお得なセミナー。受講者の皆さんはインプットが大変だったと思います。緊急事態宣言が出ている中、リアルとZoomとのハイブリッドで行われ、会場では検温、消毒、マスク着用など対策が徹底されました。

皆さんが夢に向けて第一歩を踏み出すお手伝い。1日しゃべりっぱなしで本当に充実した時間を過ごしました!!

中小企業基盤整備機構の近畿本部にて「決算書の読み方講座」の3日間研修の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。12月上旬、大阪市中央区の本町にあります中小企業基盤整備機構近畿本部にて決算書の読み方講座の講師を務めてまいりました。主催は中小企業大学校関西校で、近畿本部のセミナールームを「御堂筋キャンパス」として毎年この時期に開催されている研修です。

研修は3日間にわたりました。内容は以下の通りです。

(1) 研修の狙い

経営活動の成果を表した決算書を的確に読み解くことは、財務面から企業経営・業務を行っていく上で、非常に重要です。
本研修では、決算書の仕組みや用語の意味、数字の流れなどを理解した上で、決算書から経営体質や今後の課題などを読み取るポイントについて、モデル決算書を交えて具体的に学びます。

(2) 構成

a 決算書を読む前に
身近で比較が容易な企業の決算書を題材に、クイズやディスカッションを交え、イラストを使いながら細かい数字にとらわれず視覚的に理解を深め、決算書から企業活動を読み取れる面白さを味わいます。
1) 決算書とは
2) 決算書から読み取れる企業の戦略や背景の違い
3) 財務会計分野の全体像と各分野の概要
b 決算書と財務の基礎
決算書を読む上で必ず理解しておきたい事項について学びます。
1) 決算書の必要性
2) 決算書ができるまでの流れと用語の意味
3) 利益と資金繰りの違い
4) 中小企業と大企業の決算書の違い
c 決算書を読む
具体的なモデル決算書を題材に、企業活動の背景を理解しながら、決算書を読み取ります。
1) 損益計算書を読む
2) 貸借対照表を読む
3) キャッシュフロー計算書を読む
d 決算書から読む企業活動のヒント
具体的なモデル決算書を題材に、実際の企業活動との連動をイメージしながら、業種や戦略による財務体質の違いや今後の課題、事業展開に関する意思決定の手がかりについて、ディスカッションを交えながら学びます。
1) 企業体質と採算の考え方
2) 収益力の検証と改善のヒント
3) 資金繰りの検証と改善のヒント

新型コロナウイルスの第3波真っただ中、対策を万全に行っての研修開催となりました。受講者の方々もアクリル板、マスク、そして手指消毒を心掛け、グループワークも行いました。安田自身、開催を心配しておりましたが、スタッフさんの多大な心遣い、気配りもあって無事完了することができました。