「すごい会議」

 豊中商工会議所で『すごい会議』の著者、大橋 禅太郎氏のセミナーを受けてきました。技術的な会議ツールについては書の中にも書かれていますが、実際に大橋氏の話を生で聞き、実体験をすることでそのノウハウの本当のすごさを実感しました。
 「参加する人たちが緊張感をもって会議に臨む方法」、「全員が意見する方法」など経営者が自社の会議自身に抱いている問題点とその解決策が簡単に実践できる方法で紹介されています。
 そして書の中では従来の会議の9割以上の時間が単純な意見交換プロセスで何も生産していないと指摘しています。私もこれには実体験をもって納得しました。
 建設業においては現場、事務所、さらには現場と事務所の間で様々な会議が行われています。それは経営に大きく影響する重大な会議であったり、現場にて協力会社と施工内容を打合せする小規模な会議だったりしますが、会議を開く目的がある限り、その目的を効率よく、確実に達成できるよう会議自身を有効に運営させるべきです。それは経営改善にも現場の効率化(原価削減)にも繋がってくるはずです。
 セミナーの帰りに『すごい会議』を購入して読みました。セミナーを受けたあとなので事務所に戻るまでに読破できました。あとはどれだけ実行に移せるかが鍵です。大橋氏のいう出口にかけられた魔法にかからないためにも・・・


「すごい会議」” への1件のコメント

コメントは受け付けていません。