中小企業大学校三条校と関西校で「決算書の読み方講座」の講師を務めて参りました!!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は新潟県三条市にあります中小企業大学校三条校での研修の様子をお伝えいたします。

研修のタイトルは「決算書の読み方講座」です。こちらは2012年から継続させていただいている講座。今年で10年目となります。少しずつバージョンアップしているのですがゼロから決算書のことを丁寧に説明していく講座なのです。

開催は6月2日~4日の3日間。中小企業大学校は宿泊施設付きの研修期間です。冒頭の写真は宿泊部屋から見えた夕焼け。さすが米どころ新潟。田植えを終えた水田も美しかったです。

研修の内容は以下の通りです。(研修資料からの抜粋です)

a 決算書を読む前に
身近で比較が容易な企業の決算書を題材に、クイズやディスカッションを交え、イラストを使いながら細かい数字にとらわれず視覚的に理解を深め、決算書から企業活動を読み取れる面白さを味わいます。
1) 決算書とは
2) 決算書から読み取れる企業の戦略や背景の違い
3) 財務会計分野の全体像と各分野の概要
b 決算書と財務の基礎
決算書を読む上で必ず理解しておきたい事項について学びます。
1) 決算書の必要性
2) 決算書ができるまでの流れと用語の意味
3) 利益と資金繰りの違い
4) 中小企業と大企業の決算書の違い
c 決算書を読む
具体的なモデル決算書を題材に、企業活動の背景を理解しながら、決算書を読み取ります。
1) 損益計算書を読む
2) 貸借対照表を読む
3) キャッシュフロー計算書を読む
d 決算書から読む企業活動のヒント
具体的なモデル決算書を題材に、実際の企業活動との連動をイメージしながら、業種や戦略による財務体質の違いや今後の課題、事業展開に関する意思決定の手がかりについて、ディスカッションを交えながら学びます。
1) 企業体質と採算の考え方
2) 収益力の検証と改善のヒント
3) 資金繰りの検証と改善のヒント

こちらの写真は、三条校の研修から2週間後に実施されました同じ中小企業大学校の関西校の研修中に撮影したアジサイです。

どちらの研修もコロナ対策をしっかり行いました。いつもなら3日目の最後に握手して皆さんとお別れするのですが、それももちろん今回はできず。来年の研修では握手できるようになっていることを願っています!!

堺商工会議所さんにて「はじめてでもできる!事業計画書作成セミナー」の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は堺商工会議所さんにて「はじめてでもできる!事業計画書作成セミナー」の講師を務めてまりました。

こちらが案内チラシです。チラシにもあります通り、今回のセミナーは小規模事業者持続化補助金の活用を想定した内容になっております。一般型と低感染リスク型ビジネス枠が並走しておりますがその両方を説明してしまおうという盛沢山の内容でした。

今回は会場+Zoomのハイブリッド型の開催。最初は音声トラブルもあって少し中断してしまいましたが、何とか無事終えることができました。

セミナーの内容は以下の4つ。

  1. 補助金、助成金についての基礎知識
  2. 採択されるための様々なノウハウとポイント
  3. 小規模事業者持続化補助金【一般型】
  4. 小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型ビジネス枠】

補助金の概要を説明するとともに、記載すべき項目をまとめた、いわば虎の巻もご提供させていただきました。皆さん是非虎の巻を活用いただき採択にいたってほしいと願っております!!

堺商工会議所さんにて『飲食店のための持続化補助金活用セミナー』の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。4月30日に堺商工会議所にて『飲食店のための持続化補助金活用セミナー』というテーマで講師を務めてまいりました。こちらのセミナーは会議所の食品部会の会員様向けに開催されたものです。

緊急事態宣言中ということもあり、セミナーはオンラインのみで開催されました。1時間という短い時間でしたが、以下の内容について話してまいりました。

  1. 補助金活用のための基礎知識
  2. 採択されるための様々なノウハウとポイント
  3. 小規模事業者持続化補助金【一般型】について
  4. 小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型ビジネス枠】について
  5. 採択事例を探る・・・
  6. 補助金計画の定番パターンにはめる

受講された方の様子を見ていますと、お店の仕込み中にスマートフォンでご覧になっている方が多いと感じました。オンライン開催の便利さがいきたセミナーとなりました。しかしその一方で、「はたして、パソコン持っておられるだろうか・・・」という心配も。ここに大きなハードルがあるかもしれません・・・

※ちなみに写真の安田が使っているのはペンタブレットです。なんでペンタブレットを使うのか・・・その理由は別のブログ記事で紹介しております。こちらをご覧ください。「オンラインセミナー等で使うペンタブレットのこと

 

オンライン会議用集音マイク&スピーカーを買ってみました

こんにちは。株式会社パールの安田です。少しずつオンライン会議・研修の環境構築のためにハードを買い足しているのですが、今回は「ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム YVC-330 」です。

会議室どうしをZoomでつないで話す場合などで、集音マイクとスピーカの活用場面が増えてきています。ネットショップで検索しても数千円で購入できるものまで出てきました。それでも・・・「音を拾わない」「スピーカーの音量が小さい」「音質が悪い」「周辺のノイズを拾いすぎる」など様々な問題がありました。

特に多テーブルでの交流会などの環境では「周辺のノイズを拾いすぎる」という問題は結構深刻で、となりのテーブルでのディスカッションの声が邪魔になって話に集中できないという問題もありました。

この製品は『SoundCap』という機能があります。説明では「複数のマイクが音の発生源と本体の距離を高精度で推定し、遠くからの音だけを抑制。収音範囲制限機能により周囲の雑音を抑制することで、会議参加者の声を明瞭に届けることが可能です。」とあります。早速試してみました。

まずはSoundCap機能をオフに。これは少し離れている話者の声も拾いたいときに有効です。2メートルほど離れて普通の声量の声で話してもインターネットを介した相手に十分に鮮明に聞こえました。(性能の悪いマイクだと、遠く離れると声が不鮮明になってしまう)

そして次はSoundCap機能をオンに。同じく2メートルほど離れて話してみました。するとインターネットの向こう側がの相手は「ほとんど聞こえない。全然気にならない」ということでした。もちろん近づけば鮮明に聞こえます。だから別テーブルでの他人のディスカッションの声が邪魔にならないということになります。

他にもUSBからの給電で動き、それでもスピーカーからの声は大きくて十分という点、さらに付属のUSBケーブルは3mなので、PC本体とマイクスピーカーシステムを離した状態でも使えるという点も気に入っています。

スマホともBluetoothで接続できるので、さらに利用局面は増えそうです。

難点はやはり価格。6万弱という値段ですが、製品が届いて使ってみた感想では「安い製品を買って不満が残り買い替えるぐらいなら、最初からこれを買っておいたほうがいい!」ということでした。とっても満足しています。

オンライン会議・研修環境の構築についてはこちらのブログ記事もご参照ください。「オンライン研修用に、家庭用ビデオカメラをWEBカメラ化してみました!」
家庭用ビデオカメラをWEBカメラ化する話を掲載しています。

泉大津商工会議所にて『【初心者向け】いまさら聞けない決算書の読み方 ~損益計算書と貸借対照表編~』というテーマで講習してまいりました!!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は先日泉大津商工会議所にて講師を務めてまいりました「【初心者向け】いまさら聞けない決算書の読み方 ~損益計算書と貸借対照表編~」のセミナーの様子をご紹介いたします。

こちらは案内チラシです。タイトルにもありますとおり、決算書を見たことも無いといった方々を対象にゼロから決算書の活用について説明してまいりました。

2時間という限られた時間ですので、貸借対照表、損益計算書の2つに絞り、構造と読み方のポイント、収益性や効率性の財務分析方法についても簡単に触れました。

安田の決算書関連のセミナーにはかならず登場するこちらの図。バスタブに蛇口からお湯をためる。でも底から漏れている。そのような状況のなかでバスタブのお湯を絶やさないようにすることが大切です。

蛇口が壊れたらどうすればいいでしょうか?答えは簡単。バケツでどこからか汲んできたお湯を足せばいいですよね。それを借入と呼びます。バケツは借りてくればいいのですが、いつかは貸してくれなくなります。

そして、バスタブのお湯の質も大切。なるべくサラサラの状態に保たないといけない。(人間の体と同じ。ドロドロ血はいけないのです)このお湯は会計上は資産と呼ばれ、いちばんサラサラしている資産を「現金」と呼びます。現金が在庫や売上債権になるとドロドロ度アップ。固定資産にかわるとさらにドロドロ。サラサラで保つためには無駄な固定資産をなくす。在庫や売上債権が膨れないようにする。

これで収益性とキャッシュフローを両方眺めながら経営ができるのです(^.^)

詳しくは、こちらの書籍をご参照ください。(最後は拙著の宣伝なのですが・・・)

 

3月8日に摂津市商工会さんにて創業セミナーの講師を務めてまいりました!

みなさん、こんにちは。株式会社パールの安田です。

本日は3月8日に摂津市商工会さんにて行われました創業セミナーのことをご紹介いたします。

こちらが案内チラシ。「1日で創業のことが全部わかる」とありますとおり、内容は盛りだくさん。以下の9個の項目について説明しました。

  1. 創業の心構え
  2. 創業のアイデ創出
  3. 創業計画書の作成
  4. 支援施策の活用
  5. 開業の手続き
  6. マーケティングの初歩
  7. 収支計画
  8. 資金計画
  9. インターネットの活用

朝の10時からあいだに1時間お昼休憩をはさんで16時まで。5時間で語るには少々詰め込みすぎですが、知っておいてほしいことがたくさんありましたのでがんばって説明してきました。

当日は会場参加とZoomでのオンライン参加のハイブリッド型。そして、このセミナーの最大の特徴は無料保育があること。参加者のなかでお二人ほど小さなお子さんをお連れでした。「受講したいけど子どもを預けられるところがない」といった方々に、保育をお願いしてもいいしZoomで自宅から受講してもいいし。とっても便利ですね!!

セミナーは16時にすべて語りつくして無事終了。みなさん、夢の実現へ一歩、二歩、近づけたでしょうか。

堺商工会議所の創業準備セミナーにて講師を務めてまいりました!!

こんにちは。株式会社パールの安田です。先日の2月20日、堺商工会議所にて開催されました創業準備セミナーの講師を務めてまいりました。

開催概要(チラシ)は以下の通りです。

セミナーの内容は以下の通りです。

  1. 創業の心構え:創業を考える、創業パターンの分類
  2. 創業のアイデア創出:好きなことを事業に変える、アイデアを磨く、コロナの影響を考える
  3. 創業計画書の作成:事業コンセプトや売る仕組みを考える、収支計画と資金計画
  4. 各種創業支援施策の活用:㈱日本政策金融公庫・制度融資について、創業支援制度について
  5. 開業の手続き:開業届の提出方法、許認可の申請・更新手続き
  6. インターネットでの販路開拓 :インスタグラムや LINE公式アカウントなど SNS の有効活用
  7. キャッシュレス決済やクラウドの活用:QR コード決済と様々なサービスについての紹介

10時から17時まで1日でこれらのことをいっぺんに学べるお得なセミナー。受講者の皆さんはインプットが大変だったと思います。緊急事態宣言が出ている中、リアルとZoomとのハイブリッドで行われ、会場では検温、消毒、マスク着用など対策が徹底されました。

皆さんが夢に向けて第一歩を踏み出すお手伝い。1日しゃべりっぱなしで本当に充実した時間を過ごしました!!

中小企業基盤整備機構の近畿本部にて「決算書の読み方講座」の3日間研修の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。12月上旬、大阪市中央区の本町にあります中小企業基盤整備機構近畿本部にて決算書の読み方講座の講師を務めてまいりました。主催は中小企業大学校関西校で、近畿本部のセミナールームを「御堂筋キャンパス」として毎年この時期に開催されている研修です。

研修は3日間にわたりました。内容は以下の通りです。

(1) 研修の狙い

経営活動の成果を表した決算書を的確に読み解くことは、財務面から企業経営・業務を行っていく上で、非常に重要です。
本研修では、決算書の仕組みや用語の意味、数字の流れなどを理解した上で、決算書から経営体質や今後の課題などを読み取るポイントについて、モデル決算書を交えて具体的に学びます。

(2) 構成

a 決算書を読む前に
身近で比較が容易な企業の決算書を題材に、クイズやディスカッションを交え、イラストを使いながら細かい数字にとらわれず視覚的に理解を深め、決算書から企業活動を読み取れる面白さを味わいます。
1) 決算書とは
2) 決算書から読み取れる企業の戦略や背景の違い
3) 財務会計分野の全体像と各分野の概要
b 決算書と財務の基礎
決算書を読む上で必ず理解しておきたい事項について学びます。
1) 決算書の必要性
2) 決算書ができるまでの流れと用語の意味
3) 利益と資金繰りの違い
4) 中小企業と大企業の決算書の違い
c 決算書を読む
具体的なモデル決算書を題材に、企業活動の背景を理解しながら、決算書を読み取ります。
1) 損益計算書を読む
2) 貸借対照表を読む
3) キャッシュフロー計算書を読む
d 決算書から読む企業活動のヒント
具体的なモデル決算書を題材に、実際の企業活動との連動をイメージしながら、業種や戦略による財務体質の違いや今後の課題、事業展開に関する意思決定の手がかりについて、ディスカッションを交えながら学びます。
1) 企業体質と採算の考え方
2) 収益力の検証と改善のヒント
3) 資金繰りの検証と改善のヒント

新型コロナウイルスの第3波真っただ中、対策を万全に行っての研修開催となりました。受講者の方々もアクリル板、マスク、そして手指消毒を心掛け、グループワークも行いました。安田自身、開催を心配しておりましたが、スタッフさんの多大な心遣い、気配りもあって無事完了することができました。

CPDS認定講習として「建設業のBCP対策」の講師を務めてまいりました!

こんにちは。株式会社パールの安田です。本日は12月3日に行われました研修「建設業のBCP対策」についてご紹介いたします。

こちらは広域商工会くまの協議会の主催で実施されました。CPDS認定で4ユニットです。なんといっても特徴は、その場でBCPを作成してしまおうという内容も含まれていることです。

BCP(事業継続計画)の概要を説明したあと、中小企業BCP策定運用指針に基づき入門編を使って皆さんにBCP作成に取り組んでもらいました。

まずは目的の明確化と継続すべき重要事業の選定。そしてハザードマップによる想定災害の確認です。受講者の皆さんにそれぞれの事業所のハザードマップを確認してもらいました。地震の震度や洪水可能性、そして土砂災害の有無など。「ハザードマップを見たのは初めて!」という方もおられました。建設業のBCPですから事業所の位置だけでなく現場の位置やこれまでの竣工物件の位置、地域の重要インフラの状況なども確認する必要があります。

そして、想定災害が発生した際の安否確認や救護活動の確認。電話が使えない想定でどのように安否確認をするか、LINEグループを使った発信方法やそのほかSNSを使ったサービスなどの確認も実施。

そして経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)がどのように影響を受けるか、そしてどう対応していくかを検討していただきました。

災害が起こる前から想定した内容に従って準備することがBCPの要。訓練の重要性なども併せて強調いたしました。

そして最後は事業継続力強化計画の認定制度や国交省のBCP認定制度などにも言及。

「起こるかどうかわからない災害に向けて準備するなんて・・・」という方も多いですが、「お客さんや社員を守るため。インフラを守るため。社会インフラを守るため。これらを使命とする建設会社にとってBCPは社会性に富む営業ツールです。」とお伝えいたしました。

研修は4時間の長丁場でしたがあっというまに終了。皆さんに喜んでいただきました。

オンラインセミナー等で使うペンタブレットのこと

こんにちは。株式会社パールの安田です。今日は最近増えてきましたオンラインセミナーに関連して愛用しているペンタブレットのことをご紹介したいと思います。

オンラインセミナーの形式は大きく2つに分けられると思います。1つは講演者が通常のセミナーと同じようにホワイトボードを使ったり資料をスクリーンに照射して説明したりするパターン。その際にはビデオカメラに写る画像をパソコンに取り込んで配信することになります。そのときの機材は以前このブログでも紹介しました。(「オンライン研修用に、家庭用ビデオカメラをWEBカメラ化してみました!」)

そしてもう1つは講演者はパソコンの前に座り、パソコンに備わったWEBカメラや画面共有の映像を配信するパターンです。この画面共有を使った方式でのオンラインセミナーで安田が愛用しているのがペンタブレットというわけです。

こちらがペンタブレットで字を書きながら説明している様子。使っている資料はパワーポイントです。みなさん、パワーポイントのマーカー機能で線を引いてみたり字を書いてみたりしたことがあると思います。通常はマウスを使われるのではないでしょうか。マウスだとうまく字がかけないし、細かな線が引けません。そこで登場するのがペンタブレットです。

サイズは6×4インチ。それより小さなサイズもあるのですが、字を書くときに細かすぎるのでこのサイズにしました。メーカーは「XP-PEN」。ペンタブはワコムが有名なメーカーですが購入したとき人気だったのか品薄でした。しかもXP-PENの方が安い。安田のノートパソコン(Let’sNOTE CF-SV)と並べるとこんな感じの大きさです。

使用感ですが、USBケーブルで接続するだけでドライバーのインストール等まったく必要ありません。もちろん、最初は慣れないので字を書く練習をしました。そしてしゃべりながら描く練習も。すぐに慣れました。

それで、実際にしゃべっている様子を動画にとったのでご覧入れます。思い立ってとくに準備もせず撮影したので私服モードですみません。

いかがでしょうか。画面共有でプレゼン資料は受講者さんに見せることはできますが、こんな感じで字や線がアニメーションで表示できれば、臨場感も出ますし受講者さんの集中力を維持することにもつながります。

価格的にもそう高価なものではありませんので、是非チャレンジしてみてください!!